スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅・建材業界にひと筋の光 不景気の救世主はペット向けリフォーム

リフォームを行なう目的は様々ですが、ペットの為にリフォームするというケースも今後は増えてきそうですね。確かに人間が住みやすい家とペットが住みやすい家、その両立は簡単なようで難しいのかもしれませんが、そこはプロが最適なプランを提案してくれるでしょう。

住宅着工戸数が落ち込み、不況にあえぐ住宅・建材業界で、大手メーカーが愛犬家市場に熱い視線を向けている。

ペットフード協会によると、飼いイヌの数は1310万匹に上り(2008年度)、15年で約1.5倍に増えた。飼育世帯は全体の18%に上る。しかも、富裕層が多いため、家族同然のイヌのためなら消費も惜しまないのだ。

そこで、ミサワホームは愛犬家1000人の意見をデータベース化したサイトをオープンし、需要を掘り起こしている。

タイルに強いINAXは、関連のリフォーム専門店で、スタッフ対応の充実を図るため、イヌの住まいづくりの専門家「愛犬家住宅コーディネーター」(民間のワンオンワン認定)の資格取得を急いでいる。東洋エクステリアもイヌを重視しており、庭と家を結ぶガーデンルームに定評がある。

なかでも積極的なのは、大建工業。昨年8月に発売したイヌ用床材「ワンラブ」シリーズが好調で、戸建て向けから今春にはマンション用を販売、来春までにホームセンターを通じ一般向けに広げていく。売り上げは年間目標の10億円に達し、今後も2倍の成長を見込む。

特徴は、傷がつきにくく、滑りにくい点にある。表面に細かな粒子で凹凸をつけ、イヌが安心して歩けるようにした。じつは、小型犬の人気で年々増加している室内飼いは、床の滑りから脱臼などの関節症を引き起こしやすい。だが治療には保険がきかず、費用が10万円単位と高くなる。そんな飼い主の悩みに応えている。

同社の竹原章宏・内装材事業部次長は「『イヌにそこまでやるのか』と言われたが、イヌ目線が飼い主に支持された」と話す。不況の最中「お犬さまさま」なのだ。

記事URL:http://diamond.jp/series/inside/09_09_26_004/

リフォームは商品のパッケージングが勝負ですね。ペットに焦点をあてて、更にマンションリフォーム用のプラン、愛犬家が興味が無いわけが無いですから。非常に面白い分野です。今後の成長を期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : リフォーム - ジャンル : ライフ

住宅リフォーム「2012年度は5・4%増」 国策後押し 8兆円市場へ

リフォーム業界は順調に伸びている、みたいですね。2008年度と比較して2012年度は5.4%増の成長が見込まれているとのこと。

富士経済研究所(東京都中央区)は10日、2012年度の住宅リフォームの市場規模が08年度比5.4%増の7兆9600億円となるとの調査結果をまとめた。

08年度は、前年度比3.8%減の7兆5500億円に落ち込んだ。景気悪化の影響で戸建て住宅向けリフォーム案件の低価格化が進み、6.3%と大幅に減少した。一方、築20~30年が経過しリフォーム時期を迎えたマンションが増えている集合住宅は、2.2%増加した。大手ハウスメーカーが中古住宅のリフォームや再販事業に力を入れており、リフォーム市場の大半を占める戸建て住宅も09年度以降緩やかに回復していくが、市場規模が07年度の水準を上回るには12年度までかかると予想する。

リフォーム部位別では、省エネのためオール電化リフォームのための給湯器やコンロ、太陽光発電システムが好調で、水回りを除く住宅設備機器が12年度には08年度比30%以上の高い成長が見込まれる。

既築住宅に手を入れながら住宅を長持ちさせる国の住宅施策などの後押しもあり、リフォーム市場は大きく伸びる可能性がある。新設住宅の着工減を背景に大手ハウスメーカーがリフォーム事業を本格化させているほか、家電量販店やホームセンターといった小売業も台頭しており、異業種間の競争はさらに激化しそうだ。

記事URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090910-00000017-fsi-bus_all

リフォーム業界が伸びている要因は、リフォームそのものが注目されている事もありますが、大手参入が相次いでいる、太陽光発電などのエコ商品が見直されていることも影響してそうです。とはいえ、今後も新規参入は増えるでしょうから、決して楽観は出来ないですね。

テーマ : リフォーム - ジャンル : ライフ

中古購入時リフォーム、買主の9割が検討 木耐協

リフォームは、既に住んでいる家に行なう場合と、これから住む家に行なう場合があります。今回は、中古物件を買ってリフォームをする、検討するに関するアンケート結果です。


日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)はこのほど、約9割の買主が中古住宅購入時にリフォームを考えているというアンケート結果を公表した。

 アンケートは09年7月に、221件の不動産業者を対象に実施。136件の回答のうち、88.8%に相当する119件が、「中古流通の場面で、買主からリフォームの相談をされることがある」と答えた。

 木耐協は、「消費者が中古住宅の購入を考える際には、多くのケースでリフォームを同時に行おうとしていることが読み取れる」としている。

 また、「リフォームの相談をされることがある」と回答した119件に対応方法を聞くと、「自社で対応」は36.1%にとどまった。木耐協は、「消費者としては、事業者がリフォーム対応を行ってくれないため、中古住宅を選択肢として考えることが難しい状況が出ている」と推測。「事業者としては、自社でのリフォームやリフォーム業者との積極的な連携の実施をするなど消費者ニーズをワンストップで汲み上げる仕組みが求められる」としている。

記事URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000002-jsn-ind

リフォームはりフォーム屋さん、住宅は住宅メーカー・不動産屋さんという分業では、今後は厳しくなってくるんでしょうね。中古住宅とリフォームをパッケージングしていく事で、よりユーザーニーズにマッチしたスタイルになりますね。「ワンストップ」という言葉、ユーザーには嬉しいですね。

テーマ : リフォーム - ジャンル : ライフ

検索フォーム
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
北海道・東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
近畿エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。