FC2ブログ

「二重サッシ」、注文住宅の80%・リフォームでは6%の整備率(国交省調べ)

リフォームに求められるものって、より快適に生活をしたいという事だと思います。その「快適」は、人それぞれだと思いますが、「省エネ」に関しては電気代等、毎月のランニングコストにかかわる部分なので、重要なファクターの1つではないでしょうか。今回は断熱性を高める「二重サッシ」のお話。

国土交通省は6月18日、「平成20年度住宅市場動向調査」の結果を発表した。同調査は、07年4月から08年3月に「注文住宅」、「分譲住宅」、「中古住宅」を購入して入居済みの人、リフォームを実施した人が対象。

それによると、「省エネ設備」として「二重サッシ」の整備率は、「注文住宅」で81.2%(直前の住宅では6.8%)、「分譲住宅」で53.2%(同 5.8%)と大きく増加する一方、「中古住宅」で11.8%(同5.8%)、「リフォーム」で6.3%(同3.5%)と伸び悩む結果となった。「太陽光発電装置」の整備率では、どのタイプも10%以下であり、普及が進んでいないことが分かった。

また、住宅ローンを有する世帯の年間支払額と世帯年収に占める返済比率では、「注文住宅」が128万円で21.8%、「分譲住宅」が140万円で22.0%、「中古住宅」が96万円で17.8%であることが分かった。

記事URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000003-jsn-ind

注文住宅には80%の割合で「二重サッシ」が使用されているんですね、もはや標準装備に近い。まあリフォームの6%と言う数字が高いのか低いのか、どのようなユーザーを対象に数字を取ったのかが不明確で、判断しづらいですね。とはいえ、「省エネ設備」の標準化、良いですね。
スポンサーサイト



テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
北海道・東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
近畿エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア