FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿泊研修施設:廃校を環境教育の場に 木造校舎リフォーム

リフォームは、マンションや住宅だけではないんですね、実に興味深い。

11年前に廃校となった空知管内栗山町の雨煙別(うえんべつ)小学校の木造校舎をリフォームした宿泊研修施設がオープンした。環境学習などの場として利用が期待されている。
 同校は1899(明治32)年に開校し、98年に児童数の減少などから閉校した。1936(昭和11)年建設の木造2階建て校舎は歴史的価値がある建物として評価されているが、町は財政難から保存に頭を痛めてきた。
 そんな折、学生の研修施設を探していた桐蔭横浜大(横浜市青葉区)の時本識資(つねつぐ)・スポーツ健康政策学部長が、学生の実習のほか、環境教育や町民との交流拠点としての活用を提案。賛同したコカ・コーラ教育環境財団(東京都港区)が改修費用として1億8000万円を拠出し、昨夏から改修工事を進めてきた。
 施設名は「雨煙別小コカ・コーラ環境ハウス」。80人収容の宿泊室や食堂、研修室などを設けた。オープン後の管理運営は町内のNPO法人「雨煙別学校」が行う。
 29日には記念セレモニーがあり、ゲストのタレント「さかなクン」が小・中学生ら約400人を前に、自然の大切さを説く特別授業を実施。続いて行われた式典では椿原紀昭町長が「交流や生涯学習の場として活用を期待している」と祝辞を述べた。

参照記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090531-00000003-mailo-hok

廃校になる小学校が増えている中、こういうニュースは嬉しいですね。建て替えをする費用を考えれば、リフォーム費用の方が安く上がりますし、無駄が出ないのでエコの面でも良いですね。手を加えれば、まだまだ使えるものって多いと思います、リフォームはお財布にも地球にも優しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
北海道・東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
近畿エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。