FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム費用30年で総額1500万!

リフォームを行う時期は、住宅によって様々だと思います。今回紹介する記事は、リフォームをどう考えていくか、どのタイミングで行うべきかについて考えるときに参考になると思います。


住宅リフォームは、家を手に入れたときから始まるといっていい。例えば40代半ばで、木造2階建て・延べ床面積99平方メートルの住宅を新築したとする。それをピカピカの状態で長く保つには、30年間を目途とした、5年ごとの長期リフォーム計画が理想的だ。必要な工事は築後の経過年数で決まる。

俗に、リフォームは「塗装に始まり、塗装に終わる」といわれる。図のように、5年目で外装木部の塗装。10年目では壁全体も塗り直す。内装・床下の改修はおおむね15年目、雨どい・サッシ・ガラスは25年目と考える。これらの工事は、住宅の性能維持には不可欠である。マンションの場合、外装がいらないので、スタートは内装からでいい。

もう一つ、家族のライフサイクルに合わせたリフォームがある。例えば、新築当時は小さかった子どもが思春期を迎える頃になれば、個室を造作するといったニーズも出てくる。15年、20年目には水回り工事も必要になってくるはずだ。さらに、自分自身も60歳が間近になれば、バリアフリーの工事も必要になる。

当然、そのためには費用を貯めておかなければならない。誰しも「リフォームだから、いやリフォームだからこそ、少ない予算で済ませたい」と考える。しかし、低予算にこだわると「安リフォームの銭失い」になりかねない。良い工事には「適正価格」があると認識すべきだ。

総額は、30年で平均1500万円になる。私の経験から言えば、この価格から20~30%を割り引いたものが適正価格。最近流行の防犯・断熱サッシなどを選択すると、さらに費用はかさむ。住宅の新築価格を約2000万円と想定しているから、ほぼ新築と同じ金額になってしまう。

記事URL:http://president.jp.reuters.com/article/2009/07/19/EBE02B6C-69FC-11DE-A662-1BB13E99CD51.php

リフォームは「塗装に始まり、塗装に終わる」という言葉、やはり雨風にさらされ、一番苛酷な環境下にある部分、外壁の塗装のリフォームの頻度が高いんですね。「安リフォームの銭失い」というのも、何となくわかります。これはリフォームだけの話ではないですが、やはり安い理由が必ずあるんです。企業努力での自然な流れの低価格と、価格競争の中での無理な低価格とは、同じ低価格にはかわりないのですが、クオリティの差は歴然だと思います。しっかりと適正価格を見極め、先を見据えた計画性がリフォームにも必要ですね。
スポンサーサイト

テーマ : リフォーム - ジャンル : ライフ

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
北海道・東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
近畿エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。