FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅・建材業界にひと筋の光 不景気の救世主はペット向けリフォーム

リフォームを行なう目的は様々ですが、ペットの為にリフォームするというケースも今後は増えてきそうですね。確かに人間が住みやすい家とペットが住みやすい家、その両立は簡単なようで難しいのかもしれませんが、そこはプロが最適なプランを提案してくれるでしょう。

住宅着工戸数が落ち込み、不況にあえぐ住宅・建材業界で、大手メーカーが愛犬家市場に熱い視線を向けている。

ペットフード協会によると、飼いイヌの数は1310万匹に上り(2008年度)、15年で約1.5倍に増えた。飼育世帯は全体の18%に上る。しかも、富裕層が多いため、家族同然のイヌのためなら消費も惜しまないのだ。

そこで、ミサワホームは愛犬家1000人の意見をデータベース化したサイトをオープンし、需要を掘り起こしている。

タイルに強いINAXは、関連のリフォーム専門店で、スタッフ対応の充実を図るため、イヌの住まいづくりの専門家「愛犬家住宅コーディネーター」(民間のワンオンワン認定)の資格取得を急いでいる。東洋エクステリアもイヌを重視しており、庭と家を結ぶガーデンルームに定評がある。

なかでも積極的なのは、大建工業。昨年8月に発売したイヌ用床材「ワンラブ」シリーズが好調で、戸建て向けから今春にはマンション用を販売、来春までにホームセンターを通じ一般向けに広げていく。売り上げは年間目標の10億円に達し、今後も2倍の成長を見込む。

特徴は、傷がつきにくく、滑りにくい点にある。表面に細かな粒子で凹凸をつけ、イヌが安心して歩けるようにした。じつは、小型犬の人気で年々増加している室内飼いは、床の滑りから脱臼などの関節症を引き起こしやすい。だが治療には保険がきかず、費用が10万円単位と高くなる。そんな飼い主の悩みに応えている。

同社の竹原章宏・内装材事業部次長は「『イヌにそこまでやるのか』と言われたが、イヌ目線が飼い主に支持された」と話す。不況の最中「お犬さまさま」なのだ。

記事URL:http://diamond.jp/series/inside/09_09_26_004/

リフォームは商品のパッケージングが勝負ですね。ペットに焦点をあてて、更にマンションリフォーム用のプラン、愛犬家が興味が無いわけが無いですから。非常に面白い分野です。今後の成長を期待しています。
スポンサーサイト

テーマ : リフォーム - ジャンル : ライフ

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
北海道・東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
近畿エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。