スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ、宮城で太陽光発電検討 自社・近隣工場に安定供給

トヨタ自動車が、宮城県内で太陽光発電事業の展開を検討していることが25日、わかった。次世代送電システム「スマートグリッド」の一環として整備し、トヨタグループの工場のほか、近隣の他工場にも電力を供給する。東日本大震災の影響で懸念される電力不足を補い、安定供給につなげたい考えだ。
トヨタは、子会社のセントラル自動車など関連会社の工場が立地する大衡(おおひら)村の工業団地に、大規模な発電施設を新設する方針。セントラルや近隣の大和町にあるトヨタ自動車東北のほか、トヨタの関連企業に電力を供給し、余剰分を工業団地内の企業などに販売する。
発電規模や投資額は未定だが、近く宮城県や東北大とともに太陽光発電事業をめぐる検討組織を設置し、計画の具体化に乗り出すとみられる。
セントラルは既に、消費電力の大半を賄う8000キロワットクラスのガス自家発電装置を工場内に導入する計画を打ち出しており、自家発電分の余剰電力も他工場に供給することになりそうだ。
トヨタは宮城県でのエンジン新工場建設を6月に発表するなど、東北地方を中京、九州に続く国内第3の拠点と位置づけ、生産体制などの強化に乗り出している。東北の復興支援策として、豊田章男社長は自然エネルギーの活用策を検討する考えを表明しており、今回の太陽光発電事業はその第1弾となる。

 

気になりますね~、確かに。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110825-00000014-fsi-bus_all

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
北海道・東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
近畿エリア
東海エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。